総量規制対象外の意味とは?

総量規制は、お金を借りる人への過剰貸付とならないための規制のことです。具体的には、年収の3分の1を超える融資を禁止するものですが、規制を設けることによって、多重債務の問題を回避しようとするものです。

しかし、お金を借りる人にとっては、お金の借りすぎを回避できるのはいいですが、やむを得ず高額融資が必要なときに「お金が借りられない」という問題が生じてしまいます。すべての金融機関が総量規制の影響を受けているわけではなく、規制の対象外となっている金融機関もあります。総量規制対象外は、銀行のカードローンになりますので、年収の3分の1超のお金が必要なときは、消費者金融ではなく、銀行カードローンで融資を受けるようにしてください。

もちろん、お金の借りすぎにならないためにも、返済計画をよく考えておくことは重要です。利息の仕組みについて理解することはもちろん、金融機関のホームページにある「返済シミュレーション」を活用することもおすすめです。返済シミュレーションは、カードローンの申込みをする前でも無料で使うことができます。総量規制対象外カードローンは、お金の借りすぎにならないように注意するようにしましょう。

総量規制対象外カードローンの特徴について

■まとまったお金を借りることができる!□

総量規制対象外のカードローンは、年収の3分の1超の融資も可能なので、「まとまったお金を借りることができる」という特徴があります。総量規制が影響する消費者金融では、自分の年収の3分の1までしか借りれません。

たとえば、年収300万円の人は、すべての消費者金融の借入額の合計が「100万円まで」と法律で決められています。これに対して、総量規制対象外カードローンなら100万円超の融資も見込めるということです。

お金の借りすぎは良くないですが、やむを得ずまとまったお金が必要なときは、総量規制対象外カードローンが便利です。返済シミュレーション等を使って返済計画をしっかり考えれば、借りすぎによる失敗もなくなくなります。

■収入証明書の提出要件がゆるい!□

総量規制というのは、「貸金業法」という法律にある規制ですが、貸金業法が規制しているのは、融資の上限額だけではありません。貸金業者が融資をする際、利用者の「返済能力を調査しなければならないとき」という規制もあります。

具体的には、お金を借りる人の希望額が50万円を超えているとき、あるいは、すべての貸金業者からの借入額の合計が100万円を超える融資になるときは、収入証明書をもとに返済能力を調査しなければならないことになっています。

カードローンを利用する私たちの立場では、「収入証明書を用意する条件」が厳しいことになります。

これに対して、貸金業法の規制を受けていない総量規制対象外カードローンなら、金融機関が独自に「収入証明書を提出するとき」を決めることができます。

実際、100万円以下で収入証明書が必要になる銀行はありませんので、「収入証明書の提出要件がゆるい」というのも総量規制対象外の特徴になります。

■カードローンの金利が低金利!□

総量規制対象外カードローンにもよりますが、消費者金融と比べると「金利が低金利である」という傾向があります。消費者金融は、概ね年率18%近くの金利で融資を行っていますが、総量規制対象外カードローンでは、年率10%~15%程度のサービスもあります。

短期間でローンを完済する場合は大きな違いとなりませんが、長期間にわたって返済する場合は、金利のわずかの違いが大きな負担の違いとなって現れます。総量規制対象外は「低金利ローンである」というのも、大きなメリットとなります。

■ATM手数料が無料であることも!□

貸金業法の規制を受ける消費者金融などでは、コンビニやスーパーに設置されている提携ATMの利用で「手数料を徴収しなければならない」という規制があります。これは、利用者に「キャッシングの負担の大きさ」を実感させ、むやみに借入れさせないための規制です。

しかし、カードローンを利用する立場で考えると、やはり、ATM手数料は、無料である方がお得です。規制がない総量規制対象外カードローンの多くは、提携ATMを無料で利用できるようにしています。借入れや返済のたびに手数料が徴収されないのも、総量規制対象外の大きなメリットになります。

■専業主婦もお金を借りることができる!□

総量規制が始まってからは、専業主婦は、規制の対象となる金融機関のカードローンが利用できなくなっています。クレジットカードのキャッシング機能はもちろん、すべての消費者金融からの融資が禁止されたからです。

専業主婦でも「お金が必要!」というときがありますが、唯一、借りれる可能性があるのが総量規制対象外カードローンです。専業主婦にとっては、「総量規制対象外である」というだけでも大きなメリットを感じるのではないでしょうか。

「お金を借りる」に関するQ&A

Q. 年収の3分の1以下の希望額でも、総量規制対象外カードローンのほうがいいですか?

A. 年収の3分の1以下の希望額でも「総量規制対象外カードローン」を選んだほうがいいのは、希望額が50万円を超えるケースです。総量規制対象のカードローンでは、
 (1)希望額が50万円を超えるとき
 (2)貸金業者からのすべての借入額の合計が100万円を超えるとき

の2つの場合に「収入証明書」の提出が求められます。収入証明書は、源泉徴収票や納税証明書、確定申告書の写しなどのことですが、必ずしも、すぐに用意できるものではありません。希望額が多く、書類の準備に時間がかかりそうなときは、総量規制対象外カードローンを選ぶ方が準備が簡単になります。

Q. 総量規制対象外カードローンは、審査が難しいと聞きましたが、本当でしょうか?

A. 総量規制対象外は、銀行のカードローンのことです。銀行カードローンでは、サービスを提供する際に「保証会社」をつけているのが一般的です。つまり、銀行カードローンで融資を受けるためには、銀行の審査と保証会社の審査の2つの審査を受ける必要があります。

消費者金融のように、1つの金融機関の審査だけではないという点で難しいと考えられています。しかし、「審査が厳しいかどうか?」は、受ける審査の回数には、関係ないとも考えられます。審査にとおるものは通りますし、通らない場合は、審査を何回受けても通りません。自分の返済能力とローンの金利を目安にして、申し込むカードローンを選んでみてはいかがでしょうか。

Q. 専業主婦は総量規制対象外でないと申し込めないのは、どうしてですか?

A. 総量規制は、法律による「年収の3分の1を超える融資を禁止する」というルールです。お勤めをしていない専業主婦は、自分名義の収入がありませんので、必然的に「年収0円」となります。0円の3分の1は、やはり0円ですので、総量規制が影響するカードローンからの融資は見込めません。

しかし、総量規制対象外の銀行カードローンのいくつかは、「お勤めをしていない専業主婦でも申し込めます。」としています。専業主婦が利用できるサービスを選べば、融資が受けられないということにはならないのではないでしょうか。

お金を借りることに成功した人の体験談

どうしても月末までに10万円を借りる必要があり、カードローンに申込みをしました。最初は、総量規制のことも分かりませんでしたが、自分には、総量規制対象外が合っていると思い、銀行のローンを選びました。審査を待つ間の約1時間は不安でしたが、無事に借りることができて良かったです!

子供の教育費に充てるため、カードローンで30万円を借入れしました。最初は、プロミスやアコムのような消費者金融にするつもりでしたが、たくさん借りれる総量規制対象外にしました。銀行は審査に時間がかかると思っていましたが、翌日には、お金を受け取ることができましたよ!

すでに消費者金融からの借入れがあったので、今回は、総量規制対象外に申し込んでみました。お金を借りるのは初めてではありませんが、やはり、結果が出るまでは、ヒヤヒヤしてしまいました。なんとか10万円の限度額が認められたので、これでなんとか乗り切ろうと思います!